IMAGESTUDIO Noise フォトグラファーズブログ

ブライダルやイベントなどの出張撮影をメインとするIMAGESTUDIO Noiseのフォトグラファーが日々の出来事をお届けします。

2021年12月

クリスマスイベントを撮影してきました

image0


こんばんは!
先日は神奈川県のショッピングモールでクリスマスイベントを撮影してきました。

今回は会場内に設置されたクリスマス模様のフォトスポットをバックにお客さまを撮影し、その場でプリントしてお渡しするというもの。
多くのお子さまを撮影しましたが、みんな可愛くサンタクロースの帽子を被っていて、私も楽しく撮影することができました。
大人になってもクリスマスツリーやサンタクロースを見ると心がワクワクしてきますね。

当スタジオではイベント会場で撮影~プリントまでを行うことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

さて、この記事が2021年最後のブログ記事となりました。
今年も多くの撮影依頼を頂戴しまして、この場をお借りしまして御礼申し上げます。
コロナウイルスが多少落ち着くであろう来年は、もう少し撮影ジャンルの幅を広げていければと考えています。
「こんな撮影できますか?」といったご相談もいつでもお待ちしておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

では良いお年を!

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

埼玉県の出張撮影サービスはこちら

茨城県の出張撮影サービスはこちら

栃木県の出張撮影サービスはこちら

群馬県の出張撮影サービスこちら

千葉県の出張撮影サービスはこちら

東京都の出張撮影サービスはこちら

神奈川県の出張撮影サービスはこちら

その他の地域の出張撮影サービスはこちら

こんなもの使ってます(バックアップメディア編)

image5_

こんばんは!
今回もちょっと技術的な話題です。

私は普段出張撮影をメインにしているのですが、イベントなどで撮影が複数日にわたることもあります。
そんな時は一日でSDカードの容量を結構消費してしまうので、撮影後の夜間にSDカードの撮影データをSSDと呼ばれるUSBメモリの速い版のようなバックアップメディアに移動させて、翌日の撮影に備えています。
今回はそんな撮影時のバックアップに関する話です。

撮影で一番怖いのが何と言っても撮影データを失うことです。折角のシャッターチャンスをモノにしても、撮影データが消えてしまっては全く意味がありません。
私が使用しているカメラはSDカードを2枚装填できるタイプの機種なので、撮影データを2枚のSDカードに複製する形で記録しています。

SSD

さらにそのSDカードから2台のSSDにデータを移動させることで、万が一、一台のSSDが破損したとしても、残りのもう一台のSSDからデータを救出できる形にしています。

使用しているSSDはSDカード同様、安心と信頼のSandisk社製のものです。



SDカードよりも転送速度が速いので、パソコンへの撮影データ取り込みもスムーズに行えます。
普段使いではここまでする必要はないと思いますが、大切な写真の撮影を任された時や旅行に出かける時などに参考にしていただければ幸いです。



ではまた!

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

埼玉県の出張撮影サービスはこちら

茨城県の出張撮影サービスはこちら

栃木県の出張撮影サービスはこちら

群馬県の出張撮影サービスはこちら

千葉県の出張撮影サービスはこちら

東京都の出張撮影サービスはこちら

神奈川県の出張撮影サービスはこちら

その他の地域の出張撮影サービスはこちら

こんなもの使ってます(メモリーカードケース編)

image0_

こんばんは!
今回もちょっと技術的な話題です。

皆さん、カメラのメモリーカードってどこにしまっていますか?
カメラの中に入れっぱなしという方もいらっしゃるかもしれません。

私はカメラマンを始めた頃からこのメモリーカードケース、バッファロー社製の「BSSD02K16SV」を利用しています。



もうかれこれ10年以上使用しているので、ところどころ凹んでしまっていますが、今でもメモリーカードを守り続けてくれています。
中を開けるとSDカードを8枚、SDカードの下側にmicroSDカードを8枚、計16枚格納することができます。

image1

これからもずっとこのケースを使い続けていきたかったのですが、ここ最近SDカードを固定するクッション部分が弱くなってきたのか、メモリーカードケースを開けた時にSDカードが意図せず外れることが多くなりました。
現場でSDカードを落とすと最悪の場合、撮影データが回収できなくなるので、何か良いメモリーカードケースがないものかと調べてみました。

そこで見つけたのがエレコム社製の「CMC-06NSD12」です。



このメモリーカードケースの特徴はSDカードをクッションで固定するのではなく、専用のトレーにSDカードを差し込む形となっている点です。
多くのメモリーカードケースはクッション固定式なので使用頻度によってクッションがへたってきますが、これならメモリーカードケースを開けた時にパラパラとSDカードが落ちてくるのを防げます。

image2

残念ながらmicroSDカードは格納できないのですが、SDカードを片面6枚格納できるので、表面と裏面で計12枚のSDカードを格納することができます。
私は表面を未使用、裏面を使用済という形で分けて使用しています。



メモリーカードケース選びに迷われている方の参考になれば幸いです。
ではまた!

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

埼玉県の出張撮影サービスはこちら

茨城県の出張撮影サービスはこちら

栃木県の出張撮影サービスはこちら

群馬県の出張撮影サービスはこちら

千葉県の出張撮影サービスはこちら

東京都の出張撮影サービスはこちら

神奈川県の出張撮影サービスはこちら

その他の地域の出張撮影サービスはこちら

こんなもの使ってます(メモリーカード編)

image0

こんばんは!
今回はちょっと技術的な話題です。

皆さん、カメラのメモリーカードにこだわりはありますか?

といっても、多くの方はあんまりこだわりは無いのではないかなーと思っています。
安いからとか、たまたま店頭で見つけたからとか。
私もカメラマンの仕事を始めるまではそうでした。

でも今は違います。
メモリーカードは「SanDisk」(サンディスク)という会社製のもののみ使用しています。
このメーカーのメモリーカードは少し値段が高いのですが、いままで不良品に出会ったことがありません。

メーカーの公式サイト(↓)にも「サンディスクはプロカメラマンの83.8%から安心のブランドと評価されています。」という記載があります。



そういえば以前携わっていた結婚式場の写真館でも「メモリーカードはSanDisk社製限定」といった内部ルールがありました。
どこのメモリーカードがいいかなぁ?と悩まれたら、ぜひSanDisk社製のものをオススメします。

ちなみにですが、メモリーカードをAmazonなどの通販サイトで購入する時、見た目はほぼ同じで、中身が異なる偽物が販売されていることがあります。
特にこのSanDisk社製のメモリーカードについてはよく目につきます。

私は普段「あきばおー」という通販サイト(↓)で購入しています。
この通販サイトは値段も最安に近く、偽物ではないので安心できます。
秋葉原にも実店舗があり、急ぎの時はお店で直接購入したりしています。



そういえば最近、プロ向けに「ProGrade Digital」という会社製のメモリーカードが登場しています。
私はまだ使ったことはないのですが、高性能・高品質に重点を置いた製品のようです。
こちらはAmazonに公式ストア(↓)が出店していますので、参考までに。



ではまた!

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

埼玉県の出張撮影サービスはこちら

茨城県の出張撮影サービスはこちら

栃木県の出張撮影サービスはこちら

群馬県の出張撮影サービスはこちら

千葉県の出張撮影サービスはこちら

東京都の出張撮影サービスはこちら

神奈川県の出張撮影サービスはこちら

その他の地域の出張撮影サービスはこちら
ギャラリー
  • 梅雨があけましたね
  • 実家IT化計画
  • 梅雨入りしましたね
  • 両親の写真
  • GoProというカメラの進化
  • GoProというカメラの進化
  • ファッションショーへ行ってきました
  • ファッションショーへ行ってきました
  • 少し遅い春休み